食農食育ひろば

HOME > 食農食育ひろば > 食農食育ひろば

食農食育ひろば

食育とは?

 2005年に成立した食育基本法では、「様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること」と定義しています。
 近年私たちの生活の中で、栄養の偏り、不規則な食生活、肥満や生活習慣病、食品の安全性、伝統的な食文化の危機など、「食」に関する問題が大きく取り上げられるようになりました。 これらの問題を解決するため、食育が大きな役割を果たすことが期待されています。

 

 

 食育と農業教育を一体化して行う取り組みです。農業体験などを通じて、「食」を生み出す農業・地域・自然の役割について理解を深めることを目的としています。
 JA新潟みらいでは、食農教育を通じて子供たちの未来を応援するため、様々な活動を展開しています。

 
1.親子米づくり体験

年間を通した米作り作業を親子で体験します。田植え、稲刈り、はざ掛けといった作業を通じて、毎日家庭や学校給食で食べているお米の大切さを知り、親子で体験することで家族の絆も深まります。

2.あぐりスクール

農産物の収穫、野菜や果物の集出荷施設見学、調理実習などを体験します。
地元の農産物がどのように作られ、どのように運ばれ、私たちのもとに届けられているのかを子供たち自身が体験学習することで、農産物の大切さを知り、農業への理解を深めます。

3.食農食育出前授業

JAの職員が小学校へ出向き、総合学習の中で食農教育に関する授業を行います。
食料自給率の問題を農業の角度から学習する授業や、JA女性部員との交流調理実習を実施しています。

ページトップ