新潟みらい情報

HOME > 新潟みらい情報 > JA新潟みらいの概要

JA新潟みらいの概要

 JA新潟みらいは、新潟・中東蒲原地区の5JA(JA新潟西、JA白根市、JA五泉よつば、JA亀田郷みなみ、JA東蒲あがの)が「都市と農村の調和のとれた地域づくり」を目指して合併し、平成19年1月1日に誕生しました。
 管内は遠く佐渡を望む日本海沿岸から福島県境にわたり、日本海側初の政令指定都市である新潟市を中心に、海岸砂丘地帯、広大な越後平野、緑豊かな山間地と広域多彩な環境です。

組合長あいさつ

いま、JA新潟みらいがめざすもの「安全安心・貢献・信頼」・代表理事組合長 高橋 豊

 このたびは、JA新潟みらいのホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

 JA新潟みらいは、遠くに佐渡島を望む日本海沿岸から福島県との県境まで、多彩な環境を持ち、隣接する5つの地域JAが平成19年1月1日合併して誕生いたしました。
 管内は、多種多様な特産物が生産されており、その環境の中で、JA新潟みらいは「都市と農村の調和のとれた地域づくり」を目標に取組んでおります。
 設立以来、「組合員と役職員の協同活動によって、組合員・地域と共に繁栄することを目指します」の経営理念にもとづき、農業者の所得向上と地域貢献をめざして事業運営を行なってまいりました。

 いま、JA新潟みらい がめざすものとして、(1)営農指導、販売事業を強化し、組合員の所得向上を実現すること (2)安全、安心な農畜産物を生産し、消費者にお届けすること (3)JAの総合事業メリットを生かし、組合員、利用者と地域に貢献すること (4)職員の能力開発、意識改革を図り、組合員の信頼に応えること - を掲げております。

 農業、JAを取り巻く環境・情勢がめまぐるしく変化する中、組合員・利用者の期待に応えられるよう、コンプライアンスとリスク管理を徹底し、コンプライアンスの遵守、健全経営、経営基盤の強化に向け、役職員が一つになりまい進してまいります。
 今後とも、より一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申しあげます。

 なお、当ホームページをきっかけに、より多くの方々から、私どもJA新潟みらいの取り組みを見て、知って、感じていただき、親しみをもっていただければ幸いに存じます。

組織概要

名称新潟みらい農業協同組合
設立平成19年1月1日
本店所在地新潟県新潟市南区七軒字前211番地1
代表者氏名代表理事組合長 高橋 豊
出資金49億円
組合員数正組合員12,029名
准組合員10,371名
役職員数理事30 名
監事7 名
職員625 名
子会社(有)アグリサポート
(株)みらいサービス
 
主要事業取扱高(平成27年度実績)
貯金残高1,298億円
貸出金残高373億円
長期共済保有高6,534億円
販売品販売高146億円
購買品供給高85億円

 

ページトップ