地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 「いもジェンヌ」を味わう2日間(2018.11.18)

「いもジェンヌ」を味わう2日間(2018.11.18)

 西区のブランドサツマイモ「いもジェンヌ」をPRする「いもジェンヌまつり」が17日・18日に大型直売所「ファーマーズ・マーケット いっぺこ~と」で開催されました。JAや同区農政商工課などで構成する「いもジェンヌ農商工連携協議会」が主催し、「いもジェンヌ」や「いもジェンヌ」を使用したスイーツを買い求める人で賑わいました。

 まつりでは、生イモの特価販売をはじめ、「いもジェンヌコロッケ」、「いもジェンヌ」の大判焼きを販売。店舗前の交流施設では、市内の菓子店が出店し、「いもジェンヌ」を使ったスイーツの試食・販売を行って人気を博しました。焼き芋の売り場では、焼きあがると甘い匂いが漂い、買い求める人で長い列ができました。また、新潟大学の学生がイメージキャラクターの「いもジェンヌちゃん」に扮し、クイズ大会やビンゴ大会を催すと、家族連れを中心に盛り上がりました。

 「いもジェンヌ」は同地区の砂丘地で栽培され、しっとりとした食感と抜群の甘さが特徴のサツマイモ。2011年にブランド化され、今年新たに「新潟市食と花の銘産品」にも指定されました。JAは新潟大学の学生と連携し、ブランドイメージを強化するために焼き芋の専用包み紙や販促用エコバッグ、「いもジェンヌスイーツガイド」を作り、さまざまなPR活動を続けています。

「いもジェンヌ」ペーストを試食する来場者

 

ページトップ