地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 和牛丸焼きに長蛇の列(2018.11.23)

和牛丸焼きに長蛇の列(2018.11.23)

  阿賀支店と三川出張所は11月23日、支店駐車場で「ふれあい感謝祭」を開き、飲食物や特産物の販売で来場者をもてなしました。同会場では奥阿賀自然薯生産組合による「奥阿賀じねんじょ即売会」も開かれ、多くの人で賑わいました。

 会場は、新米のおにぎり、豚汁、つきたての餅、自然薯そば、地場産農産物の販売を楽しむ人で溢れました。中でも人気を集めたのは、阿賀町産にいがた和牛の丸焼き。牛の半身約200kgを炭火で焼きながら販売しました。ブースの前には長い列ができ、大盛況を博しました。

 また、即売会では地域外からも多くの人が買い求め、自家用、贈答用ともに、品定めする人だかりが絶えず続きました。

 長澤支店長は「毎年各ブースに行列ができてうれしい悲鳴をあげている。感謝祭をきっかけにして、多くの人に阿賀町産和牛と自然薯を知っていただきたい」と意気込みました。

約200kgの阿賀町産にいがた和牛の丸焼き

阿賀町特産の自然薯がずらりと並んだ即売会

ページトップ