地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 「ル レクチエ」販売解禁!(2018.11.21)

「ル レクチエ」販売解禁!(2018.11.21)

 白根地区・亀田地区特産の西洋梨「ル レクチエ」が11月21日に販売解禁日(プリムール)を迎えました。新潟市中央卸売市場に8トンが入荷され、1ケース(4キロ)5000円と平年よりやや高めの値が付きました。同日から県内の小売店などに並んでいます。

 主産地の一つ、白根地区のしろね果樹部会西洋なし専門部は、11月14日に白根学習館ラスペックホールで出荷者大会を開きました。出荷規格や荷姿、出荷スケジュールなど確認し、出荷に備えました。今年は162人が出荷し、数量は約223トンを見込んでいます。出荷は12月28日まで続きます。

 栽培が難しい上、11月下旬~12月下旬の約1カ月間しか出回らないため、”幻の西洋梨”とも呼ばれる「ル レクチエ」。今年産は気象条件により、やや小玉傾向であるものの、近年多く見られていた褐色斑点病の発生は少ないとのことです。

威勢の良い競り声が響く「ル レクチエ」の初競り

競りにかけられた「ル レクチエ」

 

ページトップ