地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > ごみ拾いで地域に貢献(2018.10.28)

ごみ拾いで地域に貢献(2018.10.28)

 JA新潟みらいは10月28日、新潟市南区で清掃活動を行いました。「エコトレ!みらい・労組共同フェス」と銘打ち、JA新潟みらい労働組合が共催しました。JA常勤役員、労働組合役員をはじめ、役職員25人で地域の美化活動に励みました。

 役職員はグループに分かれ、本店周辺のごみ拾いを行いました。国道8号線や農道、住宅街などをくまなく歩き、1時間ほどで43kgのごみが集まりました。

 JAでは、地域の清掃活動などのボランティア活動をJA自己改革の「地域の活性化」のための施策に位置付けています。地域貢献を通じてJAの存在意義を高め、組合員、利用者が積極的にJAの事業や活動に参加する「アクティブメンバーシップ」の確立に繋げていきます。当日は、班長がJA名の入ったジャンパーを着用し、地域住民に活動をアピールしました。次年度からは、管内各地区で順に実施していく予定です。

本店周辺のごみ拾いを行った役職員一同

ページトップ