地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 大型商業施設で感謝祭初開催(2018.10.21)

大型商業施設で感謝祭初開催(2018.10.21)

 亀田支店と横越支店は10月21日、新潟市江南区のアピタ新潟亀田店駐車場で「地産地消収穫感謝祭」を開催しました。地場産農産物の販売の他、「梨の実鍋」やおにぎりの振る舞い、特設ステージでのイベントなどを行い、店の利用者や地域住民など多くの人が足を運びました。

 会場では、「農家直送トラック市」と称して、JA管内各地区の特産品を積んだトラックや、JA直売所「あい菜市」、「気楽市」をはじめ、区内直売所のトラックが並びました。また、JAの農業機械展示ブースでは、喜んで運転席に座る子どもが多数見られました。

 正午前には、豚汁に梨を入れた「梨の実鍋」と、「新之助」のおにぎりを振る舞いました。その後は「新米ふるまい餅つき大会」と題して、来場者に餅つきを披露。来場した子どもも餅つきに参加し、掛け声を上げて杵を振るっていました。餅は来場者に無料配布しました。ステージで餅まき大会が始まると、集まった人たちは大きく手を広げて紅白餅や菓子を掴みました。

 「地産地消収穫感謝祭」を開くのは今回が初めて。区役所や警察署・消防署、社会福祉協議会や土地改良区が協賛しました。協賛団体は、「農産物総選挙」や警察・消防車両の展示、神楽の演舞などさまざまな催しを行い、会場は終始盛り上がりを見せていました。

「農家直送トラック市」で買い物をする来場者

会場を盛り上げた餅まき大会

ページトップ