地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > JA学童野球大会 管内23のチームが熱戦(2018.08.11) 

JA学童野球大会 管内23のチームが熱戦(2018.08.11) 

 6月に開幕した「第4回JA新潟みらい会長杯争奪学童野球大会」の決勝戦が8月12日、HARD OFF ECOスタジアムで行われ、JA管内の23チームの頂点がついに決定しました。

 8チームが決勝大会に進み、決勝戦に勝ち上がったのは、西内野フレンズと、白根地区のレッドビッキーズ。試合は10-0で西内野フレンズが勝利し、初優勝を飾りました。大会MVPには、同チームの内山璃力投手が選ばれました。準優勝にはレッドビッキーズ、3位には五泉地区の村松中央野球スポーツ少年団と、同地区の橋田エンジェルスが入賞しました。

 閉会式でJAの梨本会長は「日頃の努力が表れた素晴らしい試合を見せてもらった。これからも精進を重ねて、立派な野球人になってほしい」と選手の健闘を称えました。

 大会は、JAと組合員・利用者・地域住民との関わり合いを深めるための「地域くらしの活動戦略」の一環として開催しています。会場では、選手全員に農協牛乳を配布したほか、賞品にJAの特産物を用意するなどしてPRに努めました。

HARD OFF ECOスタジアムで行われた決勝大会

決勝戦で力投を見せる大会MVPの内山投手(西内野フレンズ)

ページトップ