地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 桃の出荷リレー始まる(2018.07.09)

桃の出荷リレー始まる(2018.07.09)

  県内随一の果樹産地、白根地区(新潟市南区)の集出荷施設「フルーツフラワーしろね」で7月9日、桃の機械選果が始まりました。しろね果樹部会もも専門部は今年、480トンの出荷を見込んでいます。今年度産は雪害等で出荷登録の数量が少し減っているものの、糖度は平年並みで上々。7月下旬に出荷のピークを迎えます。

 「フルーツフラワーしろね」では、選果作業員が傷や病気の有無を確認した後、内部品質センサーによる糖度、熟度、着色具合の検査を経て、等級別に箱詰めしていきます。9日は早生品種の「日川白鳳」「八幡白鳳」が持ち込まれ、場内には甘い香りが漂いました。

 白根地区では「日川白鳳」「八幡白鳳」に続き、主力品種「日の出」「あかつき」が収穫期を迎えます。その後は「浅間白桃」「なつっこ」「なつおとめ」「山根白桃」「川中島白桃」「ゆうぞら」「白根白桃」と9月中旬まで品種リレーが続きます。

 吉沢センター長は「今年は雨が少なくてやや小ぶりだが、その分糖度が高く美味しくなっている」と品質に自信を見せました。

次々に選果機に掛けられていく「八幡白鳳」

 

ページトップ