地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 【親子あぐりスクール】トウモロコシを学び、牛舎・チーズ工房を見学(2018.07.07)

【親子あぐりスクール】トウモロコシを学び、牛舎・チーズ工房を見学(2018.07.07)

 7月7日、「親子あぐりスクール」の『トウモロコシ収穫体験コース』を開きました。今回のコースは親子14組40人が参加。トウモロコシの収穫体験を行う予定でしたが、雨天のため予定を変更し、生産者の鈴木さんと営農指導員から収穫方法や、トウモロコシについての話を聞きました。「多い日は1日に1000本収穫する」「1番おいしいものを出荷するために1本の木から1本しか収穫しない」「トウモロコシの粒とひげの数は同じ」という話に参加者は興味深そうに耳を傾けていました。

 次に、酪農家の坂井さん夫婦が営むロイアルヒルホルスタインズに移動すると、牛舎とチーズ工房見学を行いました。さけるチーズの作り方の実演や、試食も行われ、参加者はにこやかな表情で乳牛やチーズの説明を聞きました。

 行程を終えると、トウモロコシが1人に10本配られました。参加者は「収穫できなかったのは残念だけど、トウモロコシについて深く知れてよかった。『あぐりスクール』は毎回勉強になる」と感想を話しました。

 「親子あぐりスクール」は、親子で一緒にJA管内産農作物の栽培や収穫体験を通じて“食”の大切さと地域の魅力について理解促進を図るもの。JAバンク教育活動助成事業を活用して運営しています。今回のコースの他にも「ブランド里芋『帛乙女』栽培体験コース」と、「新之助」を栽培する「いっぺこ~と稲作体験コース」があります。

トウモロコシの話を聞く参加者

さけるチーズができる様子を興味深く見つめる参加者

ページトップ