地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 新潟県産スイカ初競り 例年以上の高品質に(2018.06.04)

新潟県産スイカ初競り 例年以上の高品質に(2018.06.04)

 6月4日早朝、新潟県産大玉スイカの初競りが新潟市中央卸売市場で行われました。
県内主力産地のJA新潟みらい管内新潟西地区産750ケース(1ケース2玉)が入荷され、場内には仲買人の威勢の良い競り声が響きました。県産のスイカは、同日から県内小売店の店頭に並びました。

 5月31日には「ハウスすいか収穫判定会」を行い、例年以上の品質を確認しました。試食した市場関係者も「今年も糖度の高さと十分なシャリ感を感じる。自信を持って販売できる品質だ」と評価しました。

 JAの梨本経営管理委員会会長は「新潟県産のスイカは年々評価が上がってきている。多くの人に味わってもらえるよう、全国に発信していきたい。夏の風物詩ともいわれるスイカをたくさん食べて、暑さを乗り切っていただきたい」と呼びかけました。 

威勢のいい競り声が響く県産スイカの初競り

750ケース入荷された新潟西地区産のスイカ

 

ページトップ