地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > ボタンの大輪120種5000株が競演(2018.05.08)

ボタンの大輪120種5000株が競演(2018.05.08)

 五泉市赤海の東公園にある「ぼたん百種展示園」で、ボタンが一面に大輪の花が咲かせ、来場者の目を楽しませました。ちょうど5月の大型連休の頃に見頃を迎え、多くの人が訪れました。

 展示園では、64アールに120種5000株のボタンが植えられ、5月上旬頃には色とりどり、直径30センチにもなる大きな花を咲かせます。展示園は平成2年にボタン産地の見本園としてオープン。以来、水芭蕉・桜・チューリップと並び、五泉市の花シリーズの一つとして観光名所になっています。

 展示園は5月1日から13日まで開園しています。開園期間には「五泉市花木まつり」が開かれ、見頃時期のライトアップをはじめ、鉢植えの販売や花びら染め体験などが催されるほか、露店も多く立ち並び、例年大賑わいとなります。

大輪の花が開いた120種5000株のボタン

 直径30センチにもなるボタンの花

ページトップ