地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 営農指導員が現地研修(2018.04.16)

営農指導員が現地研修(2018.04.16)

 4月16日、新潟西地区で営農指導員の現地研修を行いました。各グリーンセンターに所属する営農指導員と、本店営農企画課、園芸畜産販売課から14人が参加し、JA新潟西かぶ部会代表委員の猪股正登さんの圃場と調整作業を視察しました。西グリーンセンターの中野営農主任と佐久間担当から同地区の営農指導方法や、販売担当や生産部会との連携について説明を聞きました。参加した指導員は「営農主任のリーダーシップの下、若手職員とも意思統一が図られており、生産者とも良好な関係が築けているように感じた。担当地区での営農指導の参考にしていきたい」と手応えを話していました。

 研修は、今年4月に新設された営農企画課が企画しました。各地区の営農指導員を集め、他地区の営農指導方法や、営農指導員と販売担当、購買事業、生産部会との連携について共有することを主な目的とし、毎月1回の開催を目指します。管内5地区での開催を終えた後は、集出荷施設や管外地区の視察を計画しています。石川課長は「管内とはいえ、自分の担当地区以外の指導方法はわからないことが多い。各々の担当地区で生かせるものを見つけて実践すれば、相互に高め合うことに繋がると思う」と狙いを明かしました。

カブの圃場を視察する営農指導員ら

営農指導員らが視察したカブの調整作業
 

ページトップ