地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 新入職員13人が入組(2018.04.02)

新入職員13人が入組(2018.04.02)

 4月2日、本店ドリームホールで2018年度新入職員の入組式を執り行いました。今年度は13人の新規学卒者を採用し、臨時職員6人を正職員に登用。原理事長が辞令を交付しました。

 経営管理委員会の梨本会長は「これからJA職員として勤めていく中で、仕事、JA、自分を好きになっていってほしい」と新入職員を激励。本店企画総務部企画総務課に配属された星井さんは新入職員を代表し、「自らの行動に責任を持ち、組合員や地域の人々に信頼される職員になれるよう努めていきたい」とあいさつしました。

 入組式の後は新入職員研修が行われ、業務上の基礎知識を学びました。新入職員には教育係の先輩職員が付き、仕事の進め方や職場のルール、マナーなどを身に付けながら業務に当たります。

新入職員を代表してあいさつする星井さん

ページトップ