地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 手作り門松 支店・施設に寄贈(2018.01.04)

手作り門松 支店・施設に寄贈(2018.01.04)

 12月25日、五泉地区の支店・施設に大蒲原たけのこ生産組合から手作りの門松が寄贈されました。門松は、同23日に組合員21名が集まって作ったもの。今まで野焼きしていた竹を有効活用するために今年から始めた取り組みです。

 「たくさんの人に見てもらって、組合に興味を持ってもらえれば」と話すのは、組合員の阿部さん。門松は、五泉支店、村松支店、五泉営農センター、五泉物流センターのほか、五泉市役所(農林課)にも飾られます。

 村松支店の瀬倉支店長は「地域の皆さんが頑張って作ったもの。『飾ってください』と気に掛け、申し出ていただけることがうれしい。ぜひ来店いただいた方に見てもらいたい」と話しています。

門松を手にする瀬倉支店長㊧と阿部さん㊨

寄贈された組合お手製の門松

ページトップ