地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > JA学童野球大会 23チームの頂点決まる(2017.08.14)

JA学童野球大会 23チームの頂点決まる(2017.08.14)

 6月に開幕した「第3回JA新潟みらい会長杯争奪学童野球大会」の決勝戦が8月12日、HARD OFF ECOスタジアムで行われ、JA管内の23チームの頂点がついに決定しました。

 各地区予選大会を勝ち抜いた12チームによる決勝大会は8月11日、味方野球場と月潟野球場で準決勝までを実施。翌日は、勝ち上がった4チームで優勝の座を争いました。

 決勝戦に進んだのは、新通・坂井東野球団と菅名岳スポーツ少年団。新通・坂井東野球団が2回に1点、3回に3点を挙げると、大会MVPに選ばれた櫻井投手の好投もあり、相手打線を完封。4-0で新通・坂井東野球団が勝利を収め、栄えある初優勝に輝きました。

 閉会式で、JAの梨本会長は「ハイレベルな好ゲームの数々を見せてもらった。来年もこのスタジアムで熱戦を見られることを期待している」と選手の健闘を称えました。

 大会は、JAと組合員・利用者・地域住民との関わり合いを深めるための「地域くらしの活動戦略」の一環として開催しています。会場では選手全員に農協牛乳を配布したほか、賞品にJA特産物を用意するなどして、PRに努めました。

 HARD OFF ECOスタジアムで行われた決勝大会

決勝戦で力投を見せる櫻井投手(大会MVP)

ページトップ