地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > プラム重さ世界一 ギネス新記録に挑戦(2017.08.10)

プラム重さ世界一 ギネス新記録に挑戦(2017.08.10)

 管内白根地区(新潟市南区戸頭)の富山喜幸さんが、プラムの重さで世界一に挑戦しました!現在の記録は、南アルプス市の323.77グラム。富山さんは2015年、2016年と記録を上回る重さのプラムを収穫しており、満を持してのギネス記録への挑戦となりました。

 測定会場のしろね南支店で2時間弱を掛けて計りの校正作業を完了した後、富山さんの圃場へ。証人2名の立会いのもと、特に重量があると思われる7個を収穫しました。

 しろね南支店に戻り、いよいよ測定へ。使用する秤は0.01グラムまで量れる精密なもの。空調の風圧や人の体温、建物の振動まで影響するため、細心の注意を払って測定しました。

 測定の結果、最も重いもので310.88グラム。残念ながら、記録の達成とはなりませんでした。6月の低温で肥大が進まなかったのが原因とのこと。とはいえ、品種「貴陽」の重さは通常200グラム程度。記録には届かなかったものの、富山さんの努力は十分結果に表れていました。

 富山さんは「8カ月間、やれることは全てやってきた。いろいろな人の支援があったからこそ挑戦できた。かけがえのない経験になった」と声を詰まらせながら感謝を述べました。最後には「この挑戦を通して、少しでも多くの人にプラムを知ってもらえたのではないか。これからも、ギネスに限らずいろいろなことに挑戦していきたい」と前向きな笑顔を見せていた富山さん。今後の挑戦に意欲を燃やしていました。

測定に使用するプラムを収穫する富山さん

しろね南支店で行われた公開測定

ギネス記録に挑戦した富山さんとご家族、支援者の皆さん

ページトップ