地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 坂井輪支店 感謝祭初開催(2017.08.03)

坂井輪支店 感謝祭初開催(2017.08.03)

 新潟市西区の坂井輪支店は7月29日、「ファーマーズ・マーケット いっぺこ~と」で「坂井輪支店感謝祭」を初開催しました。支店管内新通地区で枝豆の収穫体験も同時開催し、特産品のPRと新規顧客の獲得を図りました。

 「いっぺこ~と」では、枝豆の詰め放題や輪投げ大会などを催したほか、貯金・融資・共済の相談コーナーを設置。アンケート回答者を対象としたガラポン抽選会も実施しました。

 収穫体験には親子10組が参加。圃場で株を引き抜き、新通低温倉庫で莢を外しました。西区寺尾から参加した4人家族は「坂井輪地区は枝豆が特産だと聞いており、どうやってできているのか勉強したいという思いで参加した。枝から莢を外すのは根気がいる作業だったが良い体験ができた」と感想を話していました。

 感謝祭および収穫体験は、JAが取り組む一支店一協同活動の一環。支店では、昨年まで組合員のみを対象とした活動を行っていましたが、「いっぺこ~と」の近くに立地することを生かし、今年からは組合員を含め、利用客や地域住民をJAファンに取り込む方向へ転換した。渡辺支店長は「組合員外の多い地区だが、『いっぺこ~と』の利用者はJAへの高い親和性が期待できる。企画・運営に際しては、今後の結び付きの構築という点を強く意識した」と話しています。

枝豆の収穫体験を楽しむ参加親子

「いっぺこ~と」で実施した枝豆の詰め放題
 

ページトップ