地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 掘って食べてタケノコ満喫(2017.05.18)

掘って食べてタケノコ満喫(2017.05.18)

 新潟市江南区駒込地区で5月7日、「たけのこフェア フジコマ」が開かれました。フェアは地区の恒例行事で、今年で24回目を迎えました。会場では、タケノコ掘り体験やタケノコ料理の試食販売などが催され、多くの人で賑わいました。」

 フェアを後援するJAの梨本会長は「フェアを楽しみながら、竹林がある環境の素晴らしさを知ってほしい。そして、生産者・地域住民一丸となって竹林を継承していってもらいたい」とあいさつしました。

 会場は、たけのこご飯やたけのこ汁の試食を楽しむ人、焼きたけのこやたけのこしゃぶしゃぶを味わう人などで溢れました。また、タケノコが1キロ400円で販売され、ブースの前には長い列ができていました。JAも地場産農産物を販売しました。竹細工教室や地元中学校ブラスバンド部の演奏なども盛り上がりました。

 タケノコ掘り体験には、子ども連れ家族を中心に60組が参加。適当な大きさのタケノコを見つけると、傷つけないよう慎重に周りの土を掘り、無事に掘り取ると歓声を上げて喜んでいました。

タケノコ掘りを体験する親子
 

ページトップ