地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 牡丹120種5000株が開花(2017.05.17)

牡丹120種5000株が開花(2017.05.17)

 5月1日から14日まで、五泉市東公園で「五泉市花木まつり」が開かれました。園内の「ぼたん百種展示園」では120品種5000株の牡丹が大輪を咲かせました。

 3日には開会式が執り行われ、JAの梨本会長は「大型連休ということで県内外から多くの人に来てもらえると思う。五泉市の花木の魅力を存分に伝えてほしい」とあいさつしました。

 期間中には、牡丹の鉢植えや五泉市産農産物の即売が行われたほか、露店も立ち並び、園内は活気で溢れました。見頃を迎えると、夜間のライトアップも実施され、日中とは違った趣を楽しむ人も多く見られました。

大きな花をつけた東公園の牡丹

ページトップ