地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 新入職員18人が入組(2017.04.03)

新入職員18人が入組(2017.04.03)

 4月3日、本店ドリームホールで平成29年度新入職員の入組式を執り行いました。今年度、JAでは18人を採用。原理事長が辞令を交付しました。

 梨本経営委員会会長は「JA自己改革に取り組む上で、若い職員の柔軟な発想に期待している。これからJAの看板を背負っていくという自覚を持ち、一日でも早く仕事に慣れてほしい」と新入職員を激励。本店営農経済部園芸畜産販売課に配属された横川さんは新入職員を代表し、「就農者の減少など農業情勢が厳しさを増す中で、組合員や地域の人々と交流を深めることが大事になると思っている。信頼される職員を目指し、日々業務に励んでいきたい」とあいさつしました。

 入組式の後は新入職員研修が行われ、業務上の基礎知識を学びました。新入職員には教育係の先輩職員が付き、仕事の進め方や職場のルール、マナーなどを教えてサポートしていきます。

新入職員を代表してあいさつする横川さん

ページトップ