地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 西区一斉いもジェンヌ給食の日(2017.01.27)

西区一斉いもジェンヌ給食の日(2017.01.27)

 いもジェンヌ農商工連携協議会が1月11日、「西区一斉いもジェンヌ給食の日」を実施しました。新潟市西区の全小学校の給食に、協議会が昨年10月に開催した「いもジェンヌ給食レシピコンテスト」で第一位に選ばれた「カレー肉ジェンヌ」が登場。市立真砂小学校では、「いもジェンヌ」生産者の小竹さん夫妻、眞島区長らが訪れ、児童と会食しました。児童は「『いもジェンヌ』の甘さとカレーの辛さが合っていておいしい」と言って味わっていました。

 コンテストには、35作品の応募がありました。第一位(グッドジェンヌ賞)に選ばれた「カレー肉ジェンヌ」は、肉じゃがのジャガイモを「いもジェンヌ」に置き換え、カレー粉で調味したもの。第二位(ジェンヌ賞)には「いもジェンヌのキーマカレー」が選ばれました。ほかに4作品が入賞しました。

 協議会は、生産者と地元商工会、同区農政商工課、JA新潟みらいから成り、農業と商工業で連携して販路開拓や商品開発、生産地域の活性化を進めています。「いもジェンヌ給食レシピコンテスト」および「西区一斉いもジェンヌ給食の日」は、広くレシピを募集して学校給食に供することで「いもジェンヌ」の消費拡大と知名度向上を図る取り組み。次回は2月1日に「いもジェンヌのキーマカレー」が提供されます。

「いもジェンヌ給食レシピコンテスト」で第一位に選ばれた「カレー肉ジェンヌ」

児童と談笑する生産者の小竹さん

ページトップ