地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 親子でわくわく農業体験(2016.06.23)

親子でわくわく農業体験(2016.06.23)

 五泉支店と村松支店が企画する「わくわくみらい倶楽部」が6月11日にスタートしました。同企画は、JAと組合員・利用者との接点の充実を図り、地域との結びつきを強化する「一支店一協同活動」の一環として開催。親子20組を募集し、里芋の定植と収穫、イチゴの収穫を体験します。4年目を迎えた今年は例年以上の応募が集まり、抽選で選ばれた親子22組73人が参加しました。

 参加者は五泉市木越地区でイチゴ「越後姫」の収穫を体験しました。赤く大きい粒を探して摘み取るとうれしそうに頬張っていました。一本杉地区では、ブランド里芋「帛乙女」を定植。植え付けた場所には親子で手書きした看板を設置しました。

 同市三本木からお母さんと参加した6歳の女の子は「イチゴがいっぱい取れて楽しかった」と満面の笑顔を見せていました。

イチゴの収穫体験

里芋の植え付け体験

里芋を植え付けた場所には看板を設置

ページトップ