地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 毎春恒例「ひなまつりコンサート」(2016.03.08)

毎春恒例「ひなまつりコンサート」(2016.03.08)

 3月6日、JAしろね南支店で「ひなまつりコンサート」が開かれました。コンサートは、同区小林地区の小林コミュニティ協議会の主催で9年前から開催されています。当日は、雛人形や桃の花が飾りつけられた会場に地域住民の方など約160人が集まり、流麗な音色を楽しみました。

 開会に際し、小林コミュニティ協議会の小田信雄会長は「小林地区の目指す地域の姿に『文化の香り高い地域』というものがあります。このコンサートも文化に触れる機会の一つ。心ゆくまで演奏を楽しんでいってください」とあいさつ。JAしろね南支店の熊倉信雄支店長は「当JAでは『組合員と役職員の協同活動によって、組合員・地域と共に繁栄することを目指します』という経営理念を掲げています。地域行事の会場として支店を利用していただけることをうれしく思います」と感謝の言葉を述べました。

 コンサートには、「新潟中央高校音楽科一期生の仲間たち」としてピアノ奏者の品田真彦さん、フルート奏者の近森美岐さん、オーボエ奏者の渡辺茜さん、ソプラノ歌手の坂井真子さんの4人が招かれ、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」や、春の唱歌「花」など15曲が演奏されました。また、春のイベントらしく桜茶の振る舞いや桃の花のプレゼントもありました。会場全体で手拍子をしたり一緒に歌ったりする場面もあり、2時間にわたるコンサートは盛況のうちに幕を閉じました。

地域住民など約160人が集まった「ひなまつりコンサート」
 

ページトップ