地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > ロールケーキにも米粉を活用(2016.02.03)

ロールケーキにも米粉を活用(2016.02.03)

 JA新潟みらい食農食育推進協議会は1月29日、新潟市西区の同市立小瀬小学校で「米粉ロールケーキ作り」の指導に協力しました。同会は7月、同校で食農食育出前授業を実施し、「地産地消」「食べ残しの削減」「米の消費拡大」を通して食料自給率向上に取り組むことを勧めました。この日は、米粉を利用することで「米の消費拡大」を実践しました。

 調理を始める前に、JA職員が米粉の特徴を説明。食感の良さや活用の幅広さ、油の吸収率の低さなどを挙げました。児童は、卵・砂糖・バター・牛乳に米粉ミックス粉を加えて生地を作り、生地の上に生クリームとリンゴ、バナナ、ミカン、パイン、イチゴ、キウイフルーツなどの果物を載せると、慎重な手つきで巻いていきました。児童は、完成したロールケーキを「おいしい」と笑顔で頬張っていました。

 同会事務局は「児童は楽しそうに調理し、おいしそうにロールケーキを味わっていた。『楽しい』や『おいしい』をきっかけにして、米粉への親しみを深めてほしい」と手応えを話しました。

 「米粉ロールケーキ」 のレシピはこちら(PDF 82KB)からご覧いただけます。米粉入りならではの食感をぜひご家庭でもお試しください。

息を合わせて生地を巻く児童

米粉入り生地の食感が新しい「米粉ロールケーキ」

ページトップ