地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 横越農業青年部設立(2016.02.02)

横越農業青年部設立(2016.02.02)

 JA新潟みらい管内の横越地区(新潟市江南区)の若手農業者たちが「横越農業青年部」を設立しました。青年部は、横越地区の専業農家、法人などに属する農業従事者と農業担い手15人で構成され、平均年齢は28.7歳。地域の農業団体や生産組織と連携して栽培技術研究や農業経営研究を行い、地域農業の活性化と個々の経営基盤確立に取り組んでいきます。研究は部員各自で課題を決め、それに全員で対応する形で進めます。年1回の総会で実績発表会を開き、研究結果を発表します。

 1月28日に開いた設立総会・記念祝賀会には、部員やJA、同市区などの関係機関から55人が出席しました。総会では、青年部規約のほか、研修会や地域イベントへの出店などの2016年度事業計画と予算を決めました。また、役員として、部長に茅原靖之さん、副部長に高松利行さん、会計に二野宮喜章さんが選ばれました。茅原部長は「まずは、個々の経営基盤を確立し、部員に『入ってよかった』と思ってもらえる青年部にしていきたい。それが地域農業の活力になる」と抱負を語りました。

 JAの髙橋組合長は「厳しい農業情勢の中、明るい話題で大変喜ばしい。若い力で横越地区、ひいては新潟県の農業を盛り上げてほしい」と、今後の発展に期待を寄せました。

1月28日に設立した横越農業青年部
 

ページトップ