地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > レンコン「五泉美人」出荷順調(2015.08.14)

レンコン「五泉美人」出荷順調(2015.08.14)

 五泉市木越地区のJA新潟みらい木越集出荷場で、同市のブランドレンコン「五泉美人」の出荷が順調に進んでいます。レンコンは毎日、午後3時頃から一斉に持ち込まれ、盆時期を目前に控えた8月9日には、県内市場を中心に約2トンが出荷されました。

 今年産のレンコンは、梅雨時期の低温や風雨による被害がなく、生育は順調に進みました。JA五泉蓮根生産組合の瀬倉悟組合長は「たくさんの人に五泉美人を知ってもらい、食べていただきたい」と意気込んでいました。

 同生産組合では、生産者13人で約2400アールを作付けし、年間250トンの出荷を計画しています。昨年は目標販売金額の1億円を達成。今年は昨年を上回る販売を目指します。出荷は12月にピークを迎え、来年5月末まで続きます。

 「五泉美人」は、同市の肥沃な土壌ときれいで豊富な地下水で栽培されるブランドレンコンで、2010年に商標登録し、広く浸透しています。白くつややかな表面と、きめ細かい繊維によるシャキシャキとした歯触りが特徴です。

出荷に意気込みを見せる瀬倉組合長
 

ページトップ