地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 「よい食カレッジ」で出会いを応援(2015.07.09)

「よい食カレッジ」で出会いを応援(2015.07.09)

 JA越後中央とJA新潟みらいは4日、近い将来に保護者となる世代を対象とした「よい食カレッジ」を開きました。

 同カレッジは、食料・農業への関心を醸成し、未来の子どもたちへの食農教育の基礎づくりを行うとともに、独身男女の出会いを応援するものです。県内在住の28~45歳の独身男女を対象に、県ホームページやチラシ、両JAホームページなどを通して募集しました。

 当日は、抽選で選ばれた47人が新潟市西区赤塚のメイワサンピア「レストランOAZO」に集まりました。参加者はスイカやエダマメ、スイートコーンなど両JA管内の農産物を使った料理を楽しみながらコミュニケーションを図ったほか、グループに分かれての農産物クイズなどを通して親睦を深めました。ラストマッチングでは6組のカップルが成立しました。

 JA越後中央の保苅浩総務課長は「今回は年代別にグループを分けたことで会話が進み、良い雰囲気を作れたのではないか。成立したカップルの多くが同じグループであったことから、今後の運営の参考にしたい。」と手応えを話していました。両JAでは、11月にも「よい食カレッジ」を開く予定です。

両JA管内の農産物を楽しみながら親睦を深める参加者

ページトップ