地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 白根大凧合戦に参戦(2015.06.10)

白根大凧合戦に参戦(2015.06.10)

 JA新潟みらいは、新潟市南区の中ノ口川堤防で開かれた「白根大凧合戦」に参戦し、JAマークが描かれた凧を揚げました。同合戦は4日から8日まで開かれ、当JAは12日にオープンする大型直売所「いっぺこ~と」をPRする凧など65枚の巻凧を揚げて5日間を戦いました。

 同合戦は、江戸時代の中頃から約300年続く伝統行事で、中ノ口川を挟んで東軍と西軍に別れて競います。空中で綱を絡ませて川に落とし、相手の綱が切れるまで引き合うことで勝敗を決めるもの、会場では24畳の大きさを誇る「大凧」や、5畳ほどの六角形の凧「巻凧」が次々と揚がりました。

 当JAでは「JA新潟みらい凧クラブ」を結成し、同合戦に毎年参戦しています。今年は通算合戦数の多さで競う「技能の部」で45チーム中3位となり、過去最高の成績を残すことができました。同クラブの部員は「過去最高の成績となり大変うれしい。来年はさらにチームワークを高めて優勝を目指したい。また、地域貢献のためにも継続して参戦していきたい」と話しています。

大型直売所オープンをPRする巻凧
 

巻凧を揚げるJA新潟みらい凧クラブの部員

 

ページトップ