地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 甘いスイカ仕上がる(2015.06.02)

甘いスイカ仕上がる(2015.06.02)

 6月1日に、新潟市西区のすいか選果場で「ハウスすいか収穫判定会」を開きました。判定会には生産者、JA関係者ら約50名が参加。着果日数や規格の異なるスイカ7個を試し切りし、糖度・熟度を測定しました。収穫は着果から43~42日後とし、6月4日に新潟市中央卸売市場で初競りにかけられます。

 判定会に際し、当JAの髙橋豊組合長は「初競りを前に、良い結果が出ることを期待している。また、出荷の本格化に向けて、管理には細心の注意を払ってもらいたい」とあいさつした。

 今年産のスイカは現在、例年以上の早さで玉肥大が進行しています。また、判定会で試し切りしたスイカの糖度は、中心部で13.2~12.0と良好な仕上がりを見せました。

 出荷はハウス栽培の後、トンネル、改良整枝、密閉作型と続きます。合計7800トンの出荷を計画し、販売高は約10億円を見込んでいます。

切り口から鮮やかな果肉を覗かせる今年産スイカ

ページトップ