地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 女性大学「輝きみらいカレッジ」開講!(2015.03.02)

女性大学「輝きみらいカレッジ」開講!(2015.03.02)

 2月19日、JA新潟みらいは女性大学『輝きみらいカレッジ』を開講しました。応募者から抽選で選ばれた29人が第1期生として1年間学んでいきます。講習は隔月で開催し、米粉ピザ作りや工場見学などを行います。

 第1回は開講式とプリザーブドフラワーのアレンジメント講習を実施しました。開講式では髙橋豊組合長が「趣味を持つのは、健康の維持・増進のために良いこと。ぜひこの機会に新たな趣味を見つけてほしい」とあいさつしました。続いて、女性部の石山和美部長が女性部活動について紹介し、渡部修一常務がJAの組織や各事業について説明しました。受講生は真剣な眼差しで話を聞いていました。

 プリザーブドフラワー講習では、色とりどりのバラをメインにしたアレンジメントを作りました。各々にピンク・オレンジ・水色など好みの色を選び、作業を始めました。受講生同士はほとんどが初対面でしたが、終始和やかな雰囲気で談笑しながら、1時間ほどで完成しました。石山部長は「3年も飾っておける素敵なフラワーアレンジを作ることができた。今後の講習も29人の受講生と楽しく受講できればと思う」と感想を話しました。

 事務局では、昨年6月から先進JAの視察や「女性大学開講プロジェクト会議」の設立など、開講に向けて準備を進めてきました。無事に開講を迎え、事務局の瀬倉典子課長は「『女性が地域でますます輝いてほしい』という願いを込めて開講した。全6回にわたるさまざまな講習を通して、仲間作りと知識向上を目指してほしい」と話しました。

女性大学第1回目で行われたプリザーブドフラワー講習

ページトップ