地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 優秀すいか生産者を表彰 (2015.01.26)

優秀すいか生産者を表彰 (2015.01.26)

 1 月20日、新潟砂丘地園芸振興協議会(新潟・巻農業普及センター、新潟市、JA全農にいがた、JA新潟市、JA越後中央、JA新潟みらいなどで構成)は、JA全農にいがた(新潟市西区)で「平成26年度新潟砂丘地すいか高品質生産品評会表彰式」を開き、「高品質果実出荷実績の部」で新潟県知事賞を受賞した新潟市西区五十嵐の若杉正勝さん(65)をはじめ、昨年度の砂丘地すいか生産において優れた成績を残した6人を表彰しました。

 「新潟砂丘地すいか高品質生産品評会」は新潟砂丘地すいかの振興と信頼ある品質確保に向け実施されているもので、表彰式には生産者と関係機関ら約50人が出席。開会にあたり、同協議会の髙橋豊会長(JA新潟みらい組合長)は「全国的に見ても当産地は面積・後継者の確保ができている将来有望な産地だと思う。まだまだ伸びしろのあるすいか生産を皆さんの手で引っ張っていってほしい」とあいさつしました。

 審査にあたった増田浩吉審査委員長(新潟県農林水産部経営普及課農業革新支援担当)は審査講評のなかで「上位の生産者の方々の成績は僅差であり、審査に苦慮した。全体では秀品率、玉肥大とも豊作だった前年度には及ばないものの、そのような状況でも入賞者の方々は秀品率65%以上・2L以上大玉率70%を超え、すばらしい玉肥大・品質を示した」と評価しました。


県知事賞以外の受賞者は次のとおり(敬称略)

【高品質果実出荷実績の部】
▽全国農業協同組合連合会新潟県本部長賞 
 山田昭市(新潟市西蒲区)
▽新潟砂丘地園芸振興協議会長賞 
 菊池蓮太郎(新潟市北区)
 朝妻幸雄(新潟市西区)

【高品質生産技術導入の部】
▽新潟市長賞
 筒井晴夫(新潟市西区)
▽新潟砂丘地園芸振興協議会長賞
 伊丹輝夫(新潟市西蒲区)
 

県知事賞の表彰を受ける若杉さん

ページトップ