地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 平成27年度役職員大会を開催(2015.01.26)

平成27年度役職員大会を開催(2015.01.26)

 JA新潟みらいは25日、新潟市中央区のANAクラウンプラザホテル新潟で「平成27年度JA新潟みらい役職員大会」を開きました。総勢500人を超える役職員が一堂に会し、新年度計画の達成に向けて団結を図りました。

 開会に際し、髙橋豊組合長は「JAを取り巻く情勢は依然として厳しい。どうやって組合員の期待に応えていくかを考えて職務に励んでもらいたい」とあいさつしました。役職員大会では、JA綱領・経営理念の唱和、勤続表彰などの各表彰、各担当常務による事業計画説明、女性部五泉支部による寸劇が行われた他、一昨年より実施している一支店一協同活動の事例報告として五泉・村松支店の合同企画「わくわくみらい倶楽部」が紹介されました。

 また、県下最大級の大型直売所「いっぺこ~と」が6月12日にオープンすることを受け、役職員大会においても大きく取り上げられました。

 大型直売所開所準備室は、「JA新潟みらいが目指す直売所」と題して、施設とファーマーズ・マーケット事業の概要を説明。「いっぺこ~と」が担う役割やJAの他部門も含めたメリットについて共通理解の促進を図りました。

 渡辺照夫営農経済担当常務は事業計画説明の中で、「大型直売所の開所は広大な管内の『地の利』を生かせる事業になる。全職員が『自分たちの事業だ』という誇りを持ってほしい」と意識統一の重要性を強調しました。

 女性部五泉支部の寸劇「髙橋家の一日」の中でも直売所が登場し、出荷者や利用客のニーズや直売所の理想的な形を笑いを交えながら伝えました。

開会のあいさつをする髙橋組合長

ページトップ