地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 「平成26年度ご飯とわたし図画コンクール」入選作品決定!(2015.01.21)

「平成26年度ご飯とわたし図画コンクール」入選作品決定!(2015.01.21)

 JA新潟みらい食農食育推進協議会は、管内の小学生を対象に「新潟の農業と自然、ご飯とわたし図画コンクール」を開催しています。同コンクールは、次代を担う子どもたちに米飯食の重要性や稲作の多面的な役割について関心と理解を深めてもらうことを目的としており、平成23年度から実施しています。

 平成26年度の応募総数は85点。学校田で田植えや稲刈りに励む様子、同JAの「あぐりスクール」に参加したときの思い出、おいしそうにご飯を食べる自分の姿など、さまざまな作品が寄せられました。

 その中で最優秀賞に輝いたのは、新潟市立新通小学校4年生、星名優花さんの「田植えをしたよ。おいしいお米になあれ。」でした。星名さんは3年連続での受賞となりました。おじいちゃんの田植えをお手伝いしたときの様子を描いたとのことで、水面に写り込む木々や、田んぼに奥行きを感じさせる苗の描き方など、繊細な描写が高く評価されました。賞状と記念品を贈呈すると、星名さんは「稲を本物のように描くところを頑張りました。賞をもらえてうれしいです」と笑顔で話してくれました。

 また、入選作品10点をデザインしたカレンダーを管内小学校45校に進呈しました。カレンダーを見た子どもたちがお米や稲作に関心を持ってくれればと思います。

入賞作品がデザインされたカレンダーを手にする星名さん

ページトップ