地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 米品質向上に向け一丸 (2014.12.30)

米品質向上に向け一丸 (2014.12.30)

 JA新潟みらいは12月23日、新潟市南区の白根学習館ラスペックホールで「JA新潟みらい米品質向上生産者大会」を開きました。

 開会にあたり、JAの髙橋豊組合長は「今年度産米は米在庫過剰等により、過去例のない低米価となった。次年度はなんとか従来の水準に引き上げられるよう米品質の更なる向上に向けて皆様にご協力いただきたい」とあいさつしました。

 大会は管内の生産者をはじめ、行政関係者やJA役職員など約400人が参加。近年の米消費落ち込み等による米単価の下落など、販売情勢が厳しくなる中、生産者と関係機関が一丸となって米品質の向上を目指すべく開催されました。

 大会中、新潟農業普及センター並びに新津農業普及センターから平成26年度の作柄概況や次年度に向けた技術対策について、全農にいがた米穀部からは平成26年産米の集荷・販売状況についてなどの説明が行われました。

 また、JA新潟みらいからは更なる良質米生産に向け、土づくりの推奨や環境保全型稲作の推進が説明されたほか、農薬使用基準の遵守や生産履歴記帳の徹底が呼びかけられました。


 

ページトップ