地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 小瀬小学校で米粉ロールケーキ作り(2014.12.22)

小瀬小学校で米粉ロールケーキ作り(2014.12.22)

 JA新潟みらい食農食育推進協議会は12月11日、新潟市西区の小瀬小学校で「米粉ロールケーキ作り」の指導を行いました。

 同校では7月に出前授業を実施しており、食料自給率アップを図る上での「米の消費拡大」の重要性について学習しました。今回は「米の消費拡大」方法の一つとして、米粉の利用に取り組みました。

 6年生13名は、JA職員から米粉の特徴などの説明を聞いた後、米粉入りのスポンジと生クリーム、キウイ・バナナ・イチゴを使って「米粉ロールケーキ作り」に挑戦しました。スポンジがきれいに膨らんだ班、あまり膨らまなかった班。フルーツを全て巻こうとしてはみ出してしまった班や、余ったフルーツをロールケーキの横に飾り付けた班など、それぞれに個性的なロールケーキが出来上がりました。子どもたちは「おいしい」「上手に出来てよかった」と満足そうに試食していました。

 米は米粉に加工することで、ケーキなどさまざまな料理を作ることができるということは、子どもたちにとって新しい発見になったのではないかと思います。2月には同校でのり巻き作りを行い、更なる「米の消費拡大」に取り組む予定です。

 子どもたちに大好評だった「米粉ロールケーキ」。ぜひご家庭でも作ってみてください。レシピはこちら(PDF 82KB)からご覧いただけます。

米粉ロールケーキ作りに取り組む児童

ページトップ