地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 第3回わくわくみらい倶楽部を開催!(2014.12.15)

第3回わくわくみらい倶楽部を開催!(2014.12.15)

 12月13日、五泉市のJA新潟みらい五泉支店と村松支店は合同で「第3回わくわくみらい倶楽部 親子そば打ち体験」を開きました。親子15組50名が参加し、同市村松地区産のそば粉を使ったそば打ちを体験しました。

 親子は、五泉市別所の別所生産組合高岡一雄組合長と梶原正範さんの指導のもと、そば粉8割に小麦粉(強力粉)2割の「二八そば」作りに挑戦。高岡組合長から「そば粉の乾燥具合、季節、天気、湿度によって入れる水の分量も変わるので、指示に従って水を入れて下さい」など、手順やコツを教わりながら1時間30分ほどで完成させました。その後、自分で打ったそばを梶原さんらにゆであげてもらい、親子で試食を楽しみました。

 参加した5人家族に感想を聞くと、お母さんは「そばを打つのは、思ったより力が必要で大変でした」と話し、子どもたちは「楽しかった」と口をそろえて答えてくれました。

 同イベントは、組合員・利用者との接点である支店機能の充実を図り、地域との結び付きを強化することを目的に、昨年からJAの全支店で取り組んでいる「1支店1協同活動」の一環として開催されました。今年は昨年を上回る申し込みがあり、抽選になるほどの大盛況となりました。

仲良くそば打ちを楽しむ親子
 

ページトップ