地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > しろね北支店 特殊詐欺防止訓練(2014.12.18)

しろね北支店 特殊詐欺防止訓練(2014.12.18)

 JA新潟みらいしろね北支店は12月16日、特殊詐欺防止訓練を行いました。振り込め詐欺などの特殊詐欺事件が多発する年末年始を迎えるにあたり、被害を未然に防ぐための態勢を確認しました。

 新潟南警察署の協力のもと、息子から「リフォームのために現金が必要だ」という電話を受けた夫婦が定期貯金を解約しに来店したという状況を想定した訓練を実施。同署の警察官が夫婦に扮し、同支店の風間克巳支店長と窓口担当職員2名が対応しました。

 訓練では、窓口での声かけ、特殊詐欺防止アンケートを用いての質問や説明、電話で直接事実確認をしてもらうなど、粘り強い対応で詐欺被害を防ぐことができました。

 訓練に参加した風間支店長は「まずは窓口でストップすることが重要。これからも窓口のアンテナを高くして、積極的な声かけを行っていく。一件も被害を出さないという固い信念を持って詐欺の防止に努めたい」と気を引き締めていました。

 同署生活安全課の川上哲也課長は「特殊詐欺については必ず耳にしたことがあるはず。『まさか自分は被害に遭わないだろう』と思わずに『もしかして』と疑うことが大事。自分だけで判断せず、少しでも疑問や不安を感じたら迷わず相談してほしい」と呼びかけています。

 窓口での積極的な声かけが詐欺被害を防ぐカギ

ページトップ