地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 内野小学校で地産地消調理実習(2014.11.26)

内野小学校で地産地消調理実習(2014.11.26)

 JA新潟みらい食農食育推進協議会は11月18日から21日の4日間にわたり、新潟市西区にある新潟市立内野小学校で地産地消調理実習を行いました。5年生4クラス118名は新潟市産の食材をふんだんに使った料理を手作りし、地元食材の大切さを学びました。

 メニューは、「豚丼」「具だくさんみそ汁」「ホウレンソウとかきのもとのポン酢和え」「梨」の4品。ほぼ全ての食材に新潟市産の農畜産物を使い、特に「具だくさんみそ汁」の具材には長ネギ、ダイコン、さつまいもなど同区の特産品を使用しました。

 児童は、JA女性部員や職員から手順や食材の切り方について指導を受けながら4品を完成させると「近くでとれたものは安心して食べられておいしい」「これからも生産者さんに感謝して食べたい」と感想を話し、料理を頬張っていました。

 同会は食農食育推進活動の一環として、管内小学校を対象に食農食育出前授業と地産地消調理実習を行っています。同校では7月に出前授業を行い、食料自給率を上げる方法について講義しました。また、同日に地場産給食を実施し、今回の調理実習と合わせて地産地消への理解を深めました。

梨を切り分ける児童

ページトップ