地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 【女性部】JA伊達みらい女性部と交流会(2014.10.21)

【女性部】JA伊達みらい女性部と交流会(2014.10.21)

 JA新潟みらい女性部は10月20日、新潟市中央区のANAクラウンプラザホテル新潟で福島県のJA伊達みらい女性部との交流会を開きました。当JA女性部20名、JA伊達みらい女性部187名の合計207名が出席し、親睦を図りました。

 初めに、両JAの女性部部長と組合長があいさつ。JA伊達みらいの佐藤悦子部長は「『みらい』という名称のつながりでこのような機会が実現した。今日は大いに親交を深めたい」と話しました。当JAの髙橋豊組合長は「伊達市は桃やきゅうり、新潟県域は米というように特産品が異なる。交流とは他の世界を見ること。この会でいろいろなことを吸収しあってほしい」と呼びかけました。

 両女性部の活動紹介では、JA伊達みらいは女性部の概要や年間活動内容の他、農産物の放射能低減対策について紹介。当JAは各支部の活動や小学校の調理実習の指導をしていることなどを紹介しました。

 昼食には、当JAのブランド里芋「帛乙女」や食用菊などの特産品を使ったメニューが登場。特に、新潟県の郷土料理「のっぺ」はJA伊達みらいの部員から大きな反響がありました。

 閉会に際し、JA伊達みらいの狗飼みよ子副部長は「新潟みらい産の昼食は大変おいしかった。今度はぜひ伊達みらいに来てほしい」とあいさつし、会を締めくくりました。

JA伊達みらい女性部と開催した交流会

ページトップ