地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 白根大凧合戦でPR(2014.06.11)

白根大凧合戦でPR(2014.06.11)

 6月5日から9日までの5日間にわたり信濃川の支流、新潟市南区の中ノ口川堤防で、「白根大凧合戦」が開かれました。JA新潟みらい凧(たこ)クラブも地域振興の一環として参戦し、JAマークを描いた「巻凧」を揚げてPRしました。

 不安定な天候の中、他の巻凧チームと激戦を繰り広げ、45チーム中、合戦期間中の通算勝数の多さで順位を競う「優勝の部」、合戦の勝敗に関わらず通算合戦数の多さで競う「技能の部」でともに12位となりました。

 同合戦は、川幅約80mの中ノ口川を挟み、東西に別れ、世界最大級、畳24畳分もある「大凧」や、「巻凧」と呼ばれる畳5畳程度ある六角形のたこを次々と揚げ、空中で網を絡ませて川に落とし、相手の網が切れるまで引き合うことで勝敗を決める祭りで、江戸時代の中ごろから約300年続く伝統行事です。

巻凧を揚げるJA職員

ページトップ