地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > わくわくみらい倶楽部 大好評!(2014.06.20)

わくわくみらい倶楽部 大好評!(2014.06.20)

 JA新潟みらい五泉支店と村松支店が昨年から合同で企画している支店協同活動「わくわくみらい倶楽部」が始まり、参加者から好評をいただいています。事務局は新聞折込みチラシ等で参加者を募集。定員の倍以上の申込みがあり、抽選で選ばれた親子21組63名にご参加いただきました。

 6月14日には、五泉市木越の同JA五泉営農センターで開会式を開催しました。開会にあたりJAの伊藤能徳理事は「今日みなさんに植え付けてもらったサトイモの収穫は秋ごろになる。サトイモがどのように生育していくのか、ほ場で観察してみてほしい」とあいさつしました。

 当日は、五泉市木越地区でイチゴの収穫、一本杉地区でブランド里芋「帛乙女」の植え付けを体験。ケース一杯のイチゴを収穫した参加者の一人は「おいしいイチゴがたくさんとれてうれしい」と笑顔で話してくれました。

 「わくわくみらい倶楽部」はJAが組合員・利用者との接点の充実を図り、地域との結びつきを強化するために昨年から進める「1支店1協同活動」の一環として開いており、今年は年3回の開催を計画しています。11月上旬には、今回植えた里芋の収穫との調理実習を行う予定です。

イチゴの収穫を楽しむ参加者

イチゴハウスの前で記念撮影

ページトップ