地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > ソラマメ出荷始まる(2014.05.23)

ソラマメ出荷始まる(2014.05.23)

 JA新潟みらい管内では県内トップをきって、ソラマメの出荷がスタートしました。

 21日、同JA坂井輪地区豆類部会は新潟市西区の同JA西物流センター坂井輪店で出荷検討会を開き、同部会の今年産の出荷規格や選別方法を確認。同部会の中澤美知男部会長は検討会で「部会員で協力し合いながら、出荷体制を整え、今年度の出荷にのぞもう」と呼びかけました。

 同部会の今年産は春先の降雪・降雨量不足により、生育が心配されていましたが、ほぼ例年通りに出荷が始まりました。

 同部会では部会員25人でソラマメ2ヘクタールを栽培し、約2トンの出荷を計画しています。

 価格はL級(1ケース4kg)で2000~2500円、M級(1ケース4kg)で1500~2000円での販売を見込んでおり、出荷は6月20日ごろまで続きます。

出荷規格を確認する中澤部会長(写真右)

ページトップ