地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 出荷検討者に対して講習会を実施 (2014.04.02)

出荷検討者に対して講習会を実施 (2014.04.02)

 JA新潟みらいは来年6月の大型直売所のオープンに向けて、出荷を検討している生産者を集めた講習会を開いています。

 講習会は加工技術の向上と、安全・安心の商品を消費者へ販売するための基礎知識の再確認を目的とした「加工品講習会」と、出荷予定者から回収した調査表をもとにして、さまざまな品目の栽培出荷検討を促すための「おすすめ栽培品目講習会」の二つを実施。

 初回は3月中に管内全地区で開催し、今後も年に2回のペースで開いていく予定。
 
 事務局を務める同JA大型直売所開所準備室は「今回の講習会で参加者からでた要望をもとにして、 今後も情報提供に努めていきたい」と話します。

 同大型直売所は新潟市西区亀貝地区に今年8月から着工し、来年3月に完成予定。総面積約1400平方メートルの平屋施設と約180台収容の駐車スペースも設ける。周辺地域の交流イベントを行なうことができる約240平方メートルの交流促進施設や1300平方メートルの体験圃場も整備し、県下最大規模の大型直売所となります。

                      衛生管理についての講習を受ける参加者
 

ページトップ