地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 「いもジェンヌ」ブランド力強化へ (2013.11.29)

「いもジェンヌ」ブランド力強化へ (2013.11.29)

 JA新潟みらいは22日、新潟市中央区のホテルイタリア軒で、同市西区の日本海沿岸の砂丘地で栽培されるブランドさつまいも「いもジェンヌ」のブランド力強化を目指して、関係者を集めた交流決起大会を開きました。

 生産者をはじめ、行政・市場・大学などから関係者約60人が出席。今後も各機関同士の連携を密にとりながら、さらなるブランド化に向けて取り組んでいくことを申し合わせました。

 開会にあたり、JA新潟みらいかんしょ部会の石川和重部会長は「いもジェンヌのブランド化への取り組みは、農商工の連携が大きな鍵となっている。本日は出席者の皆様から様々なご意見を頂戴し、大会を盛り上げていきたい」とあいさつ。

 大会では、新潟地域振興局がこれまでのブランド化に向けた取組み経過を説明したほか、JA新潟みらいが今年度のさつまいもの生育状況を報告。また、報告後は、今後のブランド展開に関しての意見交換を行いました。

 「いもジェンヌ」は新潟市西区における葉タバコの廃作に伴う新規作物導入の一環として09年に取組みをスタート。地元菓子店や大学と連携し、ブランドロゴマークの制作や、規格外品のペーストを使ったオリジナル菓子の販売などを行い、ブランド化に力を入れています。

                        関係者が一同に会した決起大会

 

ページトップ