地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 【親子米作り体験】閉校式でお米を贈呈 (2013.10.22)

【親子米作り体験】閉校式でお米を贈呈 (2013.10.22)

 JA新潟みらい食農食育推進協議会は10月12日、新潟市西区の同JA中野小屋支店で、今年5月から実施していた親子米づくり体験の閉校式を開き、出席した親子14組37人に育てたお米と修了証書を手渡した。

 「親子米作り体験」は09年から同協議会が主催しており、今年で5年目。親子が力を合わせて手植え・施肥・稲刈り・はざかけを一年を通して体験します。今年は9月中旬の台風の影響で稲刈り体験が中止になってしまいましたが、昨年を上回る親子15組41人が参加しました。

 参加者の1人からは「田植えでは泥の感触が何とも言えず、気持ちよかったです。台風で稲刈りが中止になってしまったのは残念でしたが、農家の方は日々天候の影響を受ける大変な仕事なのだと改めて感じました」などの感想が聞かれました。

 閉校式終了後には、同区内のサツマイモ圃場へ移動。現在収穫期を迎えている同地区のブランドサツマイモ「いもジェンヌ」の収穫を体験。

 同JA営農指導員から収穫方法を聞いた後、土を掘り起こすと丸々と太ったサツマイモが姿を見せ、親子で楽しみながらサツマイモを収穫する家族の姿が見られました。

 また、収穫体験後は、同日、西区の国際情報大学で開かれた「西区大農業まつり 新米・大根・ねぎの収穫祭」を見学しました。
                       一家族ごとに修了証書が手渡されました

                       そして、みんなで育てた新米を送りました。

              閉校式後には、西区内圃場でブランドサツマイモ「いもジェンヌ」を収穫

ページトップ