地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > ホテルで旬の農産物をPR販売 (2013.08.16)

ホテルで旬の農産物をPR販売 (2013.08.16)

 JA新潟みらいは8月11日、新潟市中央区万代島のホテル日航新潟のロビーで旬の農産物のPR販売を行いました。ホテルの宿泊客を対象に農産物のPR販売を行うのは、当JAとしては初の試み。同ホテルとしても、ロビーで販売を行うことは初めてとのことでした。

 8月9日から11日の3日間、同区では新潟まつりが開かれており、同ホテルには県外からの帰省客など、多くの宿泊客が訪れました。

 そうした宿泊客に新潟の旬の農産物をお土産にしてもらおうと、チェックアウトの時間帯にあわせてPR販売を行いました。この日販売したのは、同JA白根地区管内の桃・ブドウ・枝豆「しろね茶豆」と新潟西地区管内のメロン。

 東京から来たという60代の女性は「新潟の枝豆はおいしい」と試食して味を確かめ、お土産に枝豆を購入していました。
 
 同ホテル総務部総務・経理課の小川洋司課長は「新潟には、おいしい農産物が多い。多くの方に新潟の魅力をもっとお伝えしていきたい」と話し、継続した取り組みに意欲をみせていました。

                         ホテルのロビーでPR販売するJA職員

 

ページトップ