地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 【女性部】加工品づくりを学ぶ (2013.07.22)

【女性部】加工品づくりを学ぶ (2013.07.22)

 JA新潟みらい女性部しろね支部の部員ら11人が、新潟市西蒲区の新潟県農業大学校の研修センターで加工品作りの研修を受けました。

 研修は同支部が農業普及指導センターを通じて依頼したもので、講師を務めたのは農業大学校研修センターの吉水聡准教授。この日はイチゴとイチジクを使ったジャムとジェラートの作り方を学びました。

 研修では、ジャムやジェラート作りの基本的な原理や分量、作業の進め方などのレクチャーを受けたあと、調理室で実際にジャムとジェラートを試作しました。

 完成したジェラートを試食した女性部員からは「口の中に風味が広がっておいしい」という感想が聞かれました。また、研修を終えて「地元には素晴らしい素材がたくさんある。もっと仲間を集めて加工品づくりに取り組んでいければ」と意欲を見せていました。

                 完成したイチゴとイチジクのジャム(手前)とイチジクのジェラート

 

ページトップ