地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 新潟市立白根小学校で親子米粉料理教室を開催! (2013.07.01)

新潟市立白根小学校で親子米粉料理教室を開催! (2013.07.01)

 6月29日(土)白根小学校PTA文化教養委員会主催の「親子米粉ピザ作り」が開催され、JA新潟みらい食農食育推進協議会は米粉の提供と講師の派遣を行いました。同校の1年生から6年生までの親子22組45名が参加しました。

 最初に白根小学校PTA文化教養委員会の廣田良江文化教養委員長が「定員を上回る申し込みがあり、役員一同大変嬉しく思っています。今日は日ごろ、あまり馴染みのない米粉を使ったピザ作りを親子で楽しんで下さい」とあいさつ。

 続いてJA職員が「今日の米粉は新潟県産米100%で安全・安心です。米粉の利用は食料自給率のアップにも繋がりますので、是非皆さん米粉をもっと活用して下さい。」とPRしました。

 講師の新潟県栄養士会の安中君江先生から米粉はダマになりにくいので扱いやすい食材です。最初は米粉にドライイースト、オリーブオイル、砂糖、塩を振りいれ、水加減に注意しながら良くこねて下さい。とコツを教えられると子供たちは一生懸命生地作りを始め、先生に硬さを確認してもらいながらも、みんな上手に生地を完成させました。

 米粉は発酵の必要がないので、すぐに生地を伸ばし、野菜やベーコン、海老などの具を思い思いに載せて、フライパンで蒸し焼きして、1時間30分ほどで完成しました。出来あがったピザを食べた感想はみなさん「おいし~い!」の大合唱。米粉特有のもっちりした食感と具沢山のピザは大満足の出来栄えでした。

 JA新潟みらいでは今後も食料自給率のアップを目指して、米粉の活用を進めていきたいと考えています。
                            親子で米粉料理に取り組む参加者

 

                          当日作った「米粉ピザ」のレシピはこちら(PDF 506KB)からご覧いただけます。

 

ページトップ