地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 【親子米作り体験】田んぼに肥料を撒きました (2013.06.24)

【親子米作り体験】田んぼに肥料を撒きました (2013.06.24)

 JA新潟みらい食農食育推進協議会は22日、同会が主催する「親子米づくり体験」の一環として今年5月に苗を植えた圃場に施肥を行いました。

 新潟市西区中野小屋地区で実施した同活動には親子12組、32名が参加。同JA職員から現在の稲の状態や、肥料の撒き方についての説明を受けた後、素足で圃場に入り、一斉に肥料を撒き始めました。

 使用したのは食味向上と生育促進などの効果が期待できる燐酸系肥料。作業は1時間程度で終了し、用意した100㌔の肥料をすべて撒き終えました。

 「親子米づくり体験」は同会が09年から継続して開催。年間を通した米づくり作業を親子で体験し、米の大切さを再確認すると共に、親子で体験することで家族の絆を深めることを目的としている。今年度は5月5日に、小学生親子14組40名が参加して苗の手植えが行われており、10月下旬までに計4回の活動を計画しています。

 当日の様子はJA新潟みらいFacebookページでも公開します。
 https://www.facebook.com/ja.niigatamirai

職員から肥料の撒き方を教わったのち、一斉に田んぼに入りました

稲は足が隠れるくらいの高さまで成長しています

泥に足をとられながらも、みなさん一生懸命作業してくれました

お天気にも恵まれ、心地よい農業体験になったのではないでしょうか
 

 

【親子米づくり体験】前回の記事はこちらから

ページトップ